五十肩(正確には肩関節周囲炎)では、夜寝る時に痛くて眠れないという訴えをよく聞きます。

今回は、痛み止めが効かない、または使えない場合の肩の夜間痛に対して、試していただきたい対処法をご紹介します。

レッドフラッグの除外

最初にお断りしておきますが、肩痛にも色々な原因があり、厳密な診断は医師にしかできません。中でもレッドフラッグといわれる危険な肩痛(腫瘍、感染症、骨折など)は医療機関でしか扱えません。

安静にしていても強い痛みがある、転倒後に痛む、癌の既往がある、発熱がある、体重減少があるなどの場合は、レッドフラッグの可能性がありますので、医療機関の受診をお勧めます。

肩の夜間痛の原因

いわゆる五十肩の夜間痛の原因は、滑液包の炎症、腱板筋の過緊張、関節内圧の上昇など諸説ありますが、はっきりとはわかっていません。

個人的には、周囲の筋肉を刺激することや温めることで和らぐことから、夜間で肩に意識が集中することや血流が低下することが関係しているのではないかと考えています。

肩の夜間痛の対処法

肩の夜間痛の対処法としては、寝る時の姿勢の工夫(ポジショニング)、保温、周囲の筋肉のマッサージをお勧めします。

【あお向きのポジショニング】

まず、寝る時の姿勢を工夫します。

仰向きの場合は、バスタオルを細長くたたんで、下の写真のように肩からヒジの下に入れます。ヒジが高くなることで肩への負担を軽減することができます。

さらに下の写真のように、クッションや大きめのバスタオルをたたんだものを胸に抱きます。こうすることで、肩が内側にひねられ過ぎるのを防ぎます。

【横向きのポジショニング】

横向きの場合は、下の写真のように、さらに大きめのタオルや抱きマクラなどを抱いて、肩が内側に倒れすぎるのを防ぎます。

痛い方を上にするのが基本ですが、寝返りなどで逆になる場合は、高めのマクラの方が負担が少ないです。

【ホットパック】

温めると痛みが和らぐケースは多いです。市販のレンジでチンするホットパックがおススメです。

単純に痛む場所に乗せて下さい。(低温やけどにはご注意ください)

【周囲の筋肉のマッサージ】

周囲の筋肉のマッサージも有効です。最もやりやすいのは下の写真の筋肉(棘下筋 きょくかきん)です。

肩甲骨の真裏にテニスボールを置いて、ご自分の体重をかけてマッサージします。

下が柔らかければソフトな刺激に、硬ければハードな刺激になりますので、タオルなどで痛気持ち良い程度に調整して下さい。

腱板筋である棘下筋の過活動が抑制されると同時に、広汎性侵害抑制調整による鎮痛(痛みで痛みを抑える)が期待できます。

それでも眠れないという方へ

五十肩の症状や痛みの原因には色々なケースがあります。セルフケアで効果のない方は専門家にご相談ください。

益田尚
鍼灸師(国家資格)・コンディショニングコーチ
腰痛や肩こりでお悩みの方に役立つ記事を書いています。