ぎっくり腰とは、急性の腰痛の俗称で、ちゃんとした定義のあるものではありません。

ここでは、いわゆるぎっくり腰を3つのタイプ(椎間関節性、椎間板性、筋・筋膜性)に分けてご説明します。

今回は、そのうちの椎間関節(ついかんかんせつ)性腰痛についてお伝えします。

レッドフラッグの除外

最初にお断りしておきますが、腰痛には色々な原因があり、厳密な診断は医師にしかできません。中でもレッドフラッグといわれる危険な腰痛(腫瘍、感染症、骨折など)は医療機関でしか扱えません。

安静にしていても強い痛みがある、転倒後に痛む、癌の既往がある、発熱がある、体重減少があるなどの場合は、レッドフラッグの可能性がありますので、医療機関の受診をお勧めます。

椎間関節性腰痛の特徴

椎間関節性腰痛の特徴は、「立っているとつらく、座ると楽」「腰を反らせると痛く、丸めると楽」です。

また、「背骨の右か左、片方が痛む」「痛む側へ倒して、痛まない側へひねると(下の写真の姿勢)痛みが強くなる」なども特徴です。

椎間関節性腰痛の原因

椎間関節性腰痛とは、背骨の左右にある関節のトラブルで、多くの場合、関節の間にある組織が挟み込まれることによって痛みが生じます。

その背景には、股関節や背骨の動きの悪さによって、特定の椎間関節に負担がかかることが考えられます。

椎間関節性腰痛の対処法

直接的には、問題の椎間関節に注射や鍼(はり)治療を行います。問題の椎間関節に的中すれば、劇的に痛みが軽減します。

また、椎間関節に付着している腰部多裂筋(下の青い筋肉)の緊張を緩めることによって痛みが軽減する場合もあります。

ご自分でできる対処法

セラピストに誘導してもらうのが理想的ですが、それが難しい場合は自分で腰部多裂筋を動かします。(自己責任でお願いします。痛みが強まる場合は行わないで下さい)

① 痛む側が上になるように横向きに寝て、ひざを90度曲げます。

② 上側の骨盤を頭の方へ引き上げたり、引き下げたりを繰り返します。そうすることによって腰部多裂筋が伸び縮みして緊張が緩みます。

10回1セットで一日数回行ってください。

また、動くときはお腹に力を入れて、腰を動かさずに股関節を動かすように意識してみて下さい。

最後に

いかがだったでしょうか?

組織の損傷(骨折や捻挫、肉離れ)が疑われる場合は、安静や医療機関の受診が原則ですが、それ以外で、多少動かせる場合は、試してみて下さい。

他の2つのタイプ(椎間板性、筋・筋膜性)については、次回以降お伝えします。

執筆者 : 益田尚
鍼灸師(国家資格)・コンディショニングコーチ
腰痛や肩こりでお悩みの方はこちらへどうぞ