ぎっくり腰とは、急性の腰痛の俗称で、ちゃんとした定義のあるものではありません。

ここでは、いわゆるぎっくり腰を3つのタイプ(椎間関節性、椎間板性、筋・筋膜性)に分けてご説明します。

今回は、そのうちの椎間板(ついかんばん)性腰痛についてお伝えします。

レッドフラッグの除外

最初にお断りしておきますが、腰痛には色々な原因があり、厳密な診断は医師にしかできません。中でもレッドフラッグといわれる危険な腰痛(腫瘍、感染症、骨折など)は医療機関でしか扱えません。

安静にしていても強い痛みがある、転倒後に痛む、癌の既往がある、発熱がある、体重減少があるなどの場合は、レッドフラッグの可能性がありますので、医療機関の受診をお勧めます。

椎間板性腰痛の特徴

椎間板性腰痛の特徴は椎間関節性腰痛とは逆で、「座るのがつらく、立っているのが楽」「腰を丸めると痛み、反らせると楽」です。

また、「重いものを持ち上げる時に痛くなった」などのエピソードは典型的です。

椎間板性腰痛の原因

椎間板性腰痛とは、背骨と背骨の間にあるクッションのトラブルで、多くの場合、後ろに飛び出し、周囲の組織の炎症を引き起こします。

その原因としては、股関節(上の写真の黄丸)を曲げず、腰(赤丸)を曲げることによって、特定の椎間板に負担がかかることなどが考えられます。

椎間板性腰痛の対処法

病院では痛み止めの注射や処方を、治療院では患部周囲の緊張を和らげる目的の手技やはりなどを行うのが一般的です。

ご自分でできる対処法

ご自分でできる椎間板性腰痛の対処法として、マッケンジー体操があります。これは、腰を反らせることによって、椎間板後方への負担を軽減させようというものです。

やり方は以下の通りです。(自己責任でお願いします。痛みが強まる場合は行わないで下さい)

① 布団やベッドの上でうつ伏せになります。顔は楽な向きで結構です。(この時点で痛む場合は中止して下さい)

② 胸の下に、たたんだタオルを入れて腰を反らせてください。痛くなければその姿勢を2~5分キープして下さい。

③痛くなければ、さらにタオルを増やして、腰を反らせるだけ反らし、その姿勢を2~5分キープして下さい。その際、骨盤がベッドから浮かないように注意してください。

これを1日数回行ってください。

また、動くときはお腹に力を入れて、腰を動かさずに股関節を動かすように意識してみて下さい。

最後に

いかがだったでしょうか?

組織の損傷(骨折や捻挫、肉離れ)が疑われる場合は、安静や医療機関の受診が原則ですが、それ以外で、多少動かせる場合は、試してみて下さい。

最後の1つのタイプ(筋・筋膜性)の腰痛については、次回お伝えします。

椎間関節性腰痛について

益田尚
鍼灸師(国家資格)・コンディショニングコーチ
腰痛や肩こりでお悩みの方に役立つ記事を書いています。