こんにちは!腰痛・肩こりに対して筋膜リリース・鍼灸・運動療法を行っている鎌倉駅近くの、ますだ治療院です。

腰痛に悩まされる妊婦さん多いですよね。今回は、そんなつらい妊娠中の腰痛の原因と対処法についてお伝えします。

妊娠中の腰痛の原因

妊娠中の腰痛の原因は、妊娠初期では、骨盤周りを緩めるために分泌されるホルモンが、妊娠後期では、体型や体重の変化が影響していると言われています。

今回は、そのうちの体型の変化による腰痛について解説したいと思います。

お腹が前に出ると腰が反る

お腹が大きくなってきて前にせり出すと、それを支えるために腰は反る形になります。

妊婦の腰痛(腰の反り)

腰が反ると、背骨の関節が圧迫されたり、腰の筋肉に負担がかかり、腰痛の原因になります。

妊娠中の腰痛の対処法

マタニティヨガなども良いのですが、反ることによって痛む腰痛の対処法としては、「股関節の前側をゆるめる」ことと、「腰の筋肉をゆるめる」ことをお勧めします。

股関節前面をゆるめる方法としては、下の写真のように、片膝をついてお尻を前にシフトすることで足の付け根(黄色い部分)をストレッチします。この時、腰が反らないように注意してください。

1回10秒以上を左右とも行ってください。

妊婦の腰痛(股関節ストレッチ)

腰の筋肉をゆるめる方法としては、セラピストに、腰のインナーマッスルである腰部多裂筋(下の青い部分)をリリースしてもらうのがベストですが、

ご自分でできる方法としては、下の写真のように横向きに寝て、上側の骨盤をリズミカルに上げ下げして、硬くなった腰部多裂筋をゆるめます。

10回1セットで左右とも行ってください。

妊婦の腰痛(運動)

最後に

妊娠中の腰痛の原因と対処法についてお伝えしましたがいかがだったでしょうか?

もちろん、これに当てはまらない腰痛もありますので、改善しない場合は、施術所や医療機関を受診してください。

執筆者 : 益田尚
鍼灸師(国家資格)・コンディショニングコーチ
腰痛や肩こりでお悩みの方はこちらへどうぞ